神待ちは本当に実在する?

最近では神待ちなど存在しないのではないかと言われることもあります。
神待ちサイトを簡単に検索するとあまりにもサクラが考えたような文章がゴロゴロと出てきます。

こういった説明を見ていると存在自体が疑わしいと思われてもしかたがないのでしょう。
本当に存在するのか証拠を出してみてと言われても困りますし。
ただ行く当てもなく神待ちをしている女性自体入るでしょう。
しかしどの程度の数の神待ちなのかということです。
思ったよりちょっと少ないと言う程度なのか、思ったよりぜんぜん少ないと言う程度なのか。

あまりにも業者が考えたようなそういう説明のサイトを見ると本当はそんな女性たちはいないのではと思ってしまう人もいるでしょうね。
それなりに多くの女性たちがいるのだとは思いますがどの程度の数なのかと答えられる人はそんなにいません。
また逆に女性の立場に立ってみれば本当に神待ちをしようと思っても、胡散臭いサイトをみた後に神待ちをしようと思うかどうか。
エッチな内容のサイトばかり見ていたら、やめようという子がいても不思議ではありません。

仮にそういうサイトを使っても女性達は変なトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。
また、神待ちサイトにも優良のもの、そうでないものがありますからそういったものが探せれば女性たちもトラブルには巻き込まれないかもしれません。
殆ど都市伝説扱いされている神待ちサイトの実態がどうなのか、たくさんの経験している女性たちにしかわからないでしょう。

しかし、こういったものがここまでの知名度になっているのですから何もないと言うことも内科と思います。
ですがやはり危険なサイトもかなり多く混じっているようですので使わないに越したことはないのだと思います。

ですがプチ家出という言葉が流行ったように行く場所のない女性たちが、ネット上で住む場所を求めて男性にお願いしていると言うのはリアリティのある話です。
数を水増ししているにしろあぁ、ありえそうだなと思えます。
普通の出会い系などでも同じですがおいしい話と言うのは大抵嘘か、肝心のリスクの部分の話がかけているかのどちらかです。

大抵の場合、おいしい話があれば競争になりますから運のいい人しかありつけないのが普通です。

業者やサクラを見極めよう

神待ちサイトは、当初は本当に救済を求めている女の子だけが登録をしていました。
しかし、最近では業者やプロの詐欺師が女性になりすまして登録をしていることもあります。

業者やプロの詐欺師の人数も相当なもので、神待ちサイトを利用している女の子と知り合う前に、多かれ少なかれ必ずあなたの前に現れます。
サクラであれば、ちょっと軽いノリのメールが送信され、何度もメールが送信されてくるという特徴があります。

うっかり返信して日しまうと、話をのばして、サイトがメッセージ料金を設定している場合であれば、甚大なメッセージ料が請求されるという事態に発展します。
本当の神待ちの女の子は、一刻も早い救済を願ってやみませんので、話が長い場合は、相手がサクラだと疑ってまず間違いはないでしょう。
連絡はきっぱりと無視することが大切です。

業者の場合は、別のサイトへの誘導をほのめかす内容のメールが送られてきます。
「こっちのサイトでお話ししようよ!」というような内容にhttp:から始まるアドレスが掲載されていた場合は、疑いましょう。

今のサイトが有料で、移動先も有料なら同じなのではないか?と感じるかもしれませんが、誘導先では料金システムが現実的ではない高額の場合がほとんどです。
更に悪質な手口を使うのが、プロの詐欺師です。
これは、風俗業関係の人間で、いわゆるホテトル業と呼ばれる界隈に多いとされています。
この場合は、会う約束までをひとりの人間がやりとえりをし、現場にはホテトル業が雇った風俗嬢を、待ち合わせ場所に派遣します。

そこから高い風俗への勧誘が始まれば、まだ引き返せます。
しかし、実際にホテルに行ってしまった場合は、引き返すこともできずに、ひとしきりセックスなどが終わった後に、甚大な請求額を言い渡されます。
相手は風俗嬢ですが、もちろんこれは神待ちということで成立していた話ですから、本番はできません。

女性に難癖をつければ、連絡一つで屈強な男性陣がやってくることの十分にありえます。
ホテトル業のやとった女性(ホテトル嬢)と、本物の神待ちの女の子の見分け方は、一般には荷物の量だと言われています。
本物の神待ちの女の子の場合は、家出中とあって、大荷物を提げて現れるのが普通なのです。

未成年には注意しよう!

神待ちサイトで家出娘をGET!見事にセフレを見つけられてラッキー!…とは言うモノの、本当にラッキーなのでしょうか?ここで、家出娘と言ったのには意味があります。
娘とはあくまでも18歳・19歳女性を指しています。
なぜかと言うと、20歳未満の女性でも、この年齢なら、問題ないからです。
しかし、相手が18歳未満となれば、犯罪です。

セフレをゲットしたあなたは、有頂天に喜んでいる場合ではなく、犯罪者として逮捕されるかもしれません。
神待ちサイトは18歳未満の登録は不可なので、未成年がいるはずないじゃないか!と思うかもしれませんね。
しかし、神待ちサイトに女性が入会する際、身分証明書の提示などなく、全て自己申告です。

15歳の少女が19歳と記載すれば、それで簡単に登録できてしまうのです。
つまり、未成年が利用できないサイトだからと言って、安心して大人の関係になれると思うのは危険なのです。
そもそも、家出という行為自体、自分で働くことが出来ない年代が主流なのですから、家出中でお金がないから助けて…という願いは怪しいと考えなければなりませんよね。
21歳だという女性を信用してホテルに行ってセックスしたとしましょう。
実際には彼女は16歳でした。
男性には21歳か16歳かの判断は難しいですよね。
見た目だけではわかりませんんし、身分証明を見せてと言っても、素直に応じるはずなどありません。

当然、免許証などない年齢ですし、大人でも免許のない人はいますから「持ってない」と言われればそれまでです。
このようなケースで一番危険なのは、その場は何事もなく済んだとしても、数年経ってから逮捕される可能性もあるということです。
もしその少女が何かのキッカケで警察に保護されたとします。
その際に過去のことまで調べられて、携帯の履歴から過去の援助交際が発覚することもあるのです。

援助交際で逮捕された男性のニュースなどを見た事があると思いますが、実はこのような流れで発覚するケースが非常に多いのです。
では、どのように身を守ればいいのかと言えば、自分の勘に頼るとしか言いようがありません。

たくさんの女性を観察して、相手を見極める訓練を積むなり、そもそも、危険そうな女の子には関わらないということしか方法はありませんね。